本日のみ一般公開中、ザ・ビートルの新型を発表

2016.09.21

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ザ・ビートルを4年ぶりに刷新して発売した。

グレード構成は、ザ・ビートル・ベース、同デザイン、同2.0R-ライン(旧グレード名:ターボ)の3グレードで、ボディカラーは、2種類の新色 “ストーンウォッシュド・ブルーメタリック” と “ボトルグリーン・メタリック” に加え、限定車で好評だった “サンドストー ム・イエローメタリック” と “ハバネロオレンジ・メタリック” を含む全8色を取り揃えた。

デザイン面では、フロントとリアのバンパーデザインを刷新したことで、これまでのすっきりとした外観に比べ、スポーティさと精悍さを増したのが特徴だ。インテリアも新たなデザインを採用し、クールな室内空間を実現。とくにザ・ビートル・デザインでは、ダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムをエクステリアカラーと同色とし、さらに、ブラックないしはベージュの専用格子調ファブリック・シートやオプション装備のレザー・シートと組み合わせることで、最大32通りのカラーコンビネーションを揃えた。

安全面では、新たにドライバー疲労検知システム “ファティギュ・ディテクション・システム” を全車に標準装備したほか、 “ブラインドスポット・ディテクション(後方死角検知機能)” や “リア・トラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)” を上級グレードの2.0R-ラインに標準装備、ベース/デザインにオプション装備とするなど最新の安全装備を搭載している。

コネクティビティでは、フォルクスワーゲンが提供するオンラインサービス “Car-Net” の一つである “App-Connect” を搭載した純正インフォテイメント・システム “Composition Media” を全車標準装備とし、スマートフォンと接続するだけで、“Mirror LinkTM”、“Apple CarPlay”、“Andorid Auto” など、3つの異なる通信プロトコルを用意した。

さらに、オプション装備の純正ナビゲーション・システムも従来の714SDCWに代わり、機能を大幅に向上させた最新の716SDCWに変更し、高い利便性に加え、精度の高い位置情報や交通情報の受信ができるようになった。

価格は、ベースが2,349,000円、デザインが2,699,000円、2.0R-ラインが3,459,000円。

今回のマイナーチェンジ・モデル発表会を開催した東京都のベルサール秋葉原では、本日21日水曜の20時まで、会場を一般にも開放している。シンプルながら個性が光るスタイリングのザ・ビートルだけに、フェイスリフトの効果は写真で見る以上に大きい。

さらにスペシャル・モデルとして、日本仕様の全8色を1つのボディに集約した世界に1台のモデル、ザ・ビートル・ハレキン(写真下)を公開中。近隣の方は、精悍な顔立ちになった実車を現地で触れてみるのはいかがだろうか。


ザ・ビートル発表会会場:ベルサール秋葉原
住所:東京都千代田区外神田3-12-8住友不動産秋葉原ビル1F ベルサール秋葉原
時間:9月21日水曜 20:00まで


関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事