スカイライン誕生60周年の特別仕様車、60thリミテッド発売

2016.11.07

日産は、スカイラインの誕生60周年を記念した特別仕様車、60thリミテッドを発表、併せて一部仕様を向上して発売した。

スカイラインは、1957年4月24日の誕生以来、13代にわたる最先端の技術を搭載した歴代モデルによって、常に新しい世代へと受け継がれてきた。そして、来春2017年4月に誕生60周年を迎える。13代目のスカイラインは、ダイレクト・アダプティブ・ステアリングや最先端の安全装備である全方位運転支援システムに代表される数々の先進技術を搭載している。

今回発売する60thリミテッドは、350GTハイブリッド・タイプSP、350GTフォー・ハイブリッド・タイプSP、200GT-t タイプSPをベースとし、上質な室内空間を実現するアイテムを標準装備した。

従来よりも柔らかな本革にセミアニリン加工を施した高級本革シートを全席に採用するとともに、前席についてはホールド性が高いスポーツシート形状を採用。また、内装のトリムに木目の風合いをそのまま生かす塗装仕上げを用いたオープン・ポアウッドを採用し高級感を演出している。

なお本モデルは、2017年9月末日受注分までの期間限定販売となる。

また、今回の一部仕様向上では、国産車初となるBOSE® パフォーマンスシリーズ・サウンドシステム(オプション設定)を採用。左右のリアドアに新規でツイーターを設定し16スピーカーとした。さらに、フロントドアのツイーターを刷新するともに、フロントドアのスピーカーグリルをより薄く、洗練されたデザインとし、音響特性がよいメタル素材を採用して上質な音響空間を実現している。

ボディカラーにおいては、過去のスカイラインで採用したヘリテージカラーを受け継いだ特別な車体色であるオーロラフ・レアブルーパール(2P)を追加。合計9色のボディカラーより選ぶことができる。

価格は4,963,680円から6,091,200円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース