‘風を切るクルマ’ 決定戦 その3 ―― ケータハム・セブン310R編

公開 : 2017.01.16 05:55  更新 : 2017.05.29 18:33

「こんなに笑いっぱなしで走ったことはない」

ただ、£1,250(18万円)の耐候オプションは欲しいところ。フル・サイズのウインド・スクリーンやビニール製のドア、そしてあまり建て付けの良くない幌が付いてくるわけだが、これに帽子を被り、めいっぱい厚着をすれば、冬のドライブでも寒い思いをせずに楽しめる。

そうは言っても、100km/hを超えたら、フルフェイスのヘルメットが欲しくなるのだが……。

一方、ケータハムの提唱するスイート・スポットは、実にエキサイティングだ。1.6ℓ自然吸気のフォード製シグマ・ユニットは154psで、スーパー・スポーツの142psから激しく強化された印象はないものの、パワーとスピード、そして価格はベスト・バランスといえる。

ソーンダースがぬかるんだ道でグループBのような走りを見せても嫉妬しないように、「ドライブは冷静に」と自分に言い聞かせて走り出す。

しかし20分もして、コーナー手前に ‘路面に泥あり’ の注意を促す標識が目に付く田舎道に入ると、燃費も気にせずセブンを振り回していた。

ダートを見つけると、ゼロ・トラクションのテール・スライドを堪能。せっかくの赤いボディは泥まみれになったが、それもやむを得ないところだ。

道路が水浸しだというのに、これほど頭を空っぽにして、笑いっぱなしで走り回ったドライブは記憶にない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×