ニュルで市販車最速タイムを叩き出したウラカン・ペルフォマンテ ジュネーブ

公開 : 2017.03.07 16:27  更新 : 2017.06.01 00:28

20インチ・ホイールにピレリPゼロ・コルサ

ペルフォルマンテには、完全電子制御でリアにオートロック式リア・デファレンシャルを装備したランボルギーニ開発の四輪駆動ハルデックスの第5世代システムを搭載する。

ホイールは、専用設計のブロンズ20インチ・ナルヴィ・フォージド・リム。オプションで、セントラル・ロックの20インチ・ロジェ・フォージド・リムも設定される。

タイヤもペルフォルマンテ専用に開発されたピレリPゼロ・コルサだが、公道走行も可能なサーキット用タイヤ、ピレリ・トロフェオRの設定もある。

ブレーキには、通気性に優れたクロスドリル加工カーボン・セラミック・ディスクを採用。フロントに6ピストンのブレーキ・キャリパー、リアに4ピストンのブレーキ・キャリパーを装備する。

インテリアにも軽量素材

インテリアにも、ペルフォルマンテが重視する軽量性および空力性能の高さが表れている。エアベント、パドル、ドア・ハンドルおよびセンター・コンソールは、すべて鍛造コンポジット製。シートもアルカンターラが貼られた軽量タイプだ。

ダッシュボードのディスプレイには、ALA専用画像を駆使してエアロ・ベクタリングを始めとするALAの作動状況を表示される。

また、新しいデジタル・コクピット・ディスプレイは、3種のドライビング・モード(ストラーダ、スポルト、コルサ)に応じて設定の変更が可能。また、ダウンフォースおよび抗力の詳細なデータを表示するALA専用ディスプレイも付属する。今回一新されたコクピットのレイアウトは、Apple Car Playや、運転時のパフォーマンスの録画、再生、分析が可能なランボルギーニ・テレメトリー・システムなど見ることができるiPhoneアプリにも対応している。

ランボルギーニのCEO、ステファノ・ドメニカリは、「このペルフォマンテは、ランボルギーニのDNAとイノベーション、そして360°からのアプローチでクラス・トップのスポーツカーに仕上がった。ランボルギーニV10モデルのトップであることは、そのネーミングからもわかるだろう」とコメントしている。

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテは、2017年夏以降納車開始予定。生産台数に制限はない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×