2017年型VW e-ゴルフを発売前に試乗 航続距離はBMW i3や日産リーフを超えたか

公開 : 2017.04.18 11:35  更新 : 2017.05.29 18:56

「なんだか自分とは別世界」だと思っていたEVのゴルフ。2017年型は内燃機関を古く感じてしまうほどに仕上がっているようです。星5つ中4.5点。かなりの高得点をマークしました。

■どんなクルマ?

これまでのe-ゴルフ、そして2017年のe-ゴルフ

初代e-ゴルフ(このページの主役を後期型だとすれば前期型)はわかりやすいクルマだった。時の先進技術を散りばめた主張が最初にきて、毎日乗れる実用車であることが次にきた。

フォルクスワーゲンは、同社のEVを世界で一番有名な(あるいは、もっとも売れている)ハッチバックをベースに造った。

自身を正当化するような、こじつけはここでは重要ではなかったし、とにかくあれはゴルフ以外の何者でもなかった。その走行可能な距離がたった160kmであること以外は。

それは、フォルクスワーゲンでも隠すことのできない、電動パワートレインの泣き所である(同セグメントの比較ではましな方ではあるが)。

だから、エンジニア達が後期モデルで改善の主要項目をそこに定めたことを聞いて驚かなかった。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事