新メルセデス・ベンツSクラス 1128万円〜 部分自動運転強化 スマホで駐車

公開 : 2017.08.09 12:20  更新 : 2017.12.14 12:30

メルセデス・ベンツ「新型Sクラス」日本発表! 64色のアンビエントライト/スマホで駐車/バイクのようなリーンイン機能など、1128万円〜3323万円というラインナップをご紹介します。

英AUTOCAR「メルセデス・ベンツS400d 4MATIC」試乗記はこちら
 

新型Sクラス 日本で受注開始

メルセデス・ベンツ日本は、最高級セダン「新型Sクラス」を発表し、本日より予約注文の受付を開始した。

メルセデスのフラッグシップモデル、Sクラスの新型は、
・「インテリジェントドライブ」を大きく進化
・クルマが通信機能を持つ「Mercedes me connect」初導入
・新開発のパワートレイン導入
など、あらゆる要素を高次元で究め、装いも新たに生まれ変わった。

エクステリア

フロントデザインは、
・光ファイバーによる3本ラインのヘッドライト
・全車ツインルーバーとなったフロントグリル
・ワイドなエアインテーク
を採用したことで、精悍な外観となった。

LEDリアコンビネーションランプには、星空を想起させる「クリスタルルック」を採用。内側から外側へ、下側から上側へと流れるように解錠/施錠時に点灯する「カミングホームファンクション機能」も新導入した。