トヨタ、2017年の電動車販売が152万台に 目標達成3年前倒しで

公開 : 2018.02.02 20:40

トヨタの2017年の電動車販売が152万台に達しました。前年比108%。3年前倒しの目標達成だといいます。今後は「トヨタ環境チャレンジ2050」と「2030年にグローバル電動車販売550万台以上」の2軸で推進するそうです。

電動車販売台数 前年比108%の152万台に

トヨタは、2017年の電動車販売台数が過去最高となる152万台(前年比108%)を達成した。

昨年公表した「2030年に電動車販売550万台以上」という目標に向けて着実に電動車を普及させるとともに、「トヨタ環境チャレンジ2050」にある「2020年までに年間販売台数150万台」を、3年前倒しの達成だった。

さらに、1997年の「プリウス」発売からの電動車の累計販売台数は1147万台となり、CO2排出抑制効果は9000万t以上になると試算。

トヨタの副社長でパワートレインカンパニーのチェアマン、寺師茂樹は「わずか20年で、電動車の年間販売は500台に満たない台数規模から150万台を超えるまでになりました。この実績は、トヨタの電動車の品質/耐久性/信頼性を証明するものであるとともに、電動車の更なる普及に向けた量産体制構築とパワートレイン多様化の基盤になります」と述べた。

野望もかなりのものだ。次項で見ていこう。

 

人気記事