ポルシェに挑むホットハッチ メガーヌR26R vs ケイマンS 後編 回顧録

公開 : 2018.04.30 12:10

ワイドでフラットなトルク

R26Rは当然ながらその戦略に則ったモデルで、出来のよさはもはや完熟の域に達している。ケイマンがもっとも得意とするステアリングの領域においても、手応えに不均一なところがあって素直に絶賛するところまでではないにしても、正確かつ精密でありキックバックは完全に抑えられている。

レールの上を走っているような感覚が多少は残っているかもしれないが、ステアリングホイールからのメッセージ(通常はスロットル関連)は十分な繊細さを備えている。

一方、R26Rのエンジンにはポルシェほど感動的な演出はない。つまり3000rpmと5000rpmで得られる感触にそれほど決定的な違いはなく、たとえばホンダのシビック・タイプRのような熱狂的な吹け上がりを期待しても無駄である。

加えてギア比が微妙に変更されているギアシフトにもそれほどの違いは感じられず、ごく平均的であって積極的に楽しみたくなるシフトではない。しかし、R26Rのワイドでフラットなトルクバンドにはとても相性がいい。

このクルマもよほどの非常識をやらない限り、ケイマンと同様、通常の公道上ではやはりフロントからブレークする。

もちろん、正しいコーナースピードに戻すだけで、前後輪とも簡単に修正できる。コーナーのなかで加速させれば間違いなく前輪が膨らみ始めるけれど、リミテッドスリップデフ(ポルシェでもまったく同様に利用できる)が差動制限を始めれば駆動力が戻ってくる。

お望みとあればリアからブレークさせる芸当も可能だから(コーナリング中にブレーキを踏めばいい)、腕が上がってきたなら試してみるといい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事