ポルシェに挑むホットハッチ メガーヌR26R vs ケイマンS 後編 回顧録

公開 : 2018.04.30 12:10

ルノーの驚くべき健闘

ボディの挙動は非常によく躾けられているし、視界についてはポルシェよりもはるかに優れているので、たとえ路面の条件が悪い場合でも、ルノーはポルシェと同等の速度でコーナーを抜けていける。エンジンのパワーバンドの広さを考えると、2点間の速さではたいていの場合、メガーヌのほうが上かもしれない。

では、R26Rを所有したとしたら、ケイマンSと同等の楽しみがもたらされるのだろうか? これはかなりむずかしい質問だ。そして回答は……「No」である。これははっきり言っておこう。

けれど、それでもいいじゃないか。ケイマンSは由緒正しい、生まれついての本物のスポーツカーだ。対するR26Rは、もとをたどれば普通のハッチバックなのだ。

最終的にはポルシェのほうがお薦めではあるにせよ、これだけ違うクルマなのだから、どちらを買っても違う種類の楽しみを存分に味わえるだろう。

結論はありきたりだけれど、勝負は伯仲していた。少なくとも本誌065号で2.7ケイマンがアウディTTSやBMW 135iと対決したときよりも接戦だった。ルノーにとっては大躍進である。特に価格差を考えたら驚くべき成果だ。

これほど素晴らしいスポーツカーが400万円中盤の価格帯に存在した例はほとんどない。その意味では、ルノースポール・メガーヌR26Rは試合に負けて勝負に勝ったと見ることもできるだろう。

もしこれでポルシェがケイマン「R」を作る気になってくれさえしたら、世の中に必要なスポーツカーはすべて出揃ったと言えるかもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事