vitaloni(ビタローニ)のある風景 イタリアンミラーの魅力

公開 : 2018.06.03 22:50  更新 : 2018.06.04 08:09

ビタローニと聞いて思い浮かべるのは、セブリング? ベビーターボ? 数々の名車に採用されてきたイタリアンミラーのラインナップに、現代的なルームミラーも登場しています。

ビタローニに、ルームミラー登場

往年のランボルギーニやフェラーリの美しいスタイリングを、イヤリングのように引き立てていたのが「vitaloni(ビタローニ)」のサイドミラーだ。

日本でも愛されてきたセブリング、エフワン カリフォルニアン、ベビーターボ。このイタリアンスタイルのミラーが似合うクルマたちには、不思議と色褪せない魅力がある。

そんなイタリアの名門ブランドの新たな定番として期待されるのが、「L-1 BLUE MIRROR(エルワン ブルーミラー)」だ。

愛車の純正ルームミラーにかぶせるだけのシンプルなタイプで、ミラーには独フラベグ社のブルー曲面レンズ(まぶしさを抑えるのに、明るく見える)を採用。

イタリア生産、MADE IN ITALYの新型リアビューミラーは、鏡面の片すみを飾る「vitaloni」のワンポイントがアクセントになっている。価格は4104円。詳細は、日本総販売元「レアーズ」のウェブサイトで確認できる。

旧いスーパーカーのミーティングに行けば、必ず小ぶりなビタローニが目に入るはず。今のクルマではお目に掛かれないヴィンテージスタイル・ミラーを写真に収めていたときのこと。オーナーの奥様らしき女性が、助手席から声を掛けてきたことがある。

「スーパーカーなんて乗っていても、ホントはぜんぜん面白くないの。周りからは “素敵ですねぇ” なんて、言われるわよ。でも、素敵なのは外から眺めているときだけ。中から見えるのはガードレールと、この小さなミラーくらいなんですもの!」

奥様、違うんです。そのミラーが良いんですよ、そのミラーが。

AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『vitaloni(ビタローニ)のある風景』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ