大予想 新型ジャガーFタイプ 2021年発表 EV/BMW製V8か 大胆なデザインも

公開 : 2018.11.21 11:55  更新 : 2018.11.21 11:56

2020年発表予定? 軽量化された新型Fタイプに搭載されるのは電動パワートレインか、それともBMW製のV8か。大胆なデザイン変更も期待されます。XKやXJとの関連性も高まるでしょう。

もくじ

新型、EVとガソリンが存在か
大胆なデザインとIペース以上のスペック
V8エンジンはBMWが供給?
軽量アルミ製プラットフォームは次期XKでも
EVメーカー目指すジャガー ガソリンは?
Iペースは好調 XJは2020年に登場
番外編 「チェッカーフラグ」仕様も

新型、EVとガソリンが存在か

ジャガーは新型Fタイプを2021年に発表予定だ。完全電動バージョンの投入も検討している。

検討されているパワートレインのひとつが完全電動で、もうひとつはBMW製4.4ℓV8エンジンと見られる。

Fタイプは登場してからすでに6年が経過しているが、モデルチェンジまではまだ2年ある。デザインを統括するイアン・カラムは本誌に次のように語った。

「Fタイプは先鋭化したモデルとして、主流となっているモデルよりも長いモデルライフが与えられるでしょう。スポーツカーは大きく成長している分野ではありませんが、Fタイプには将来性があるのです」

大胆なデザインとIペース以上のスペック

新型Fタイプが純粋な電動モデルとなれば、デザイナーとエンジニアは1961年に発表されたEタイプ並に大胆なデザインができるようになる。

バッテリーはフロア下に収められることで低重心を狙い、アルミニウム製のハイブリッドボディはバッテリーによる重量増の影響を小さく抑えるだろう。

現在Iペースは200psの電動モーター2機で駆動し、90kWhのバッテリーを搭載。新型Fタイプが登場する頃にはバッテリー密度は改善され、モーターもよりパワフルなものが使用できるはずだ。

前後軸にそれぞれひとつのモーターを配置することで、従来と変わらない後輪駆動や後輪駆動よりの四輪駆動が可能になる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事