海外初試乗

2018.11.15

英国試乗 ジャガーFタイプ V6 マイナーチェンジ、依然として魅力

ジャガーFタイプ V6 P380 Rダイナミック

価格 : 4万9900ポンド(733万円)から

文・マット・バード 

編集部より

外観や装備、命名規則に大きい変更はなく、走りの印象もそのままというFタイプのフェイスリフト。依然として魅力的なクルマではありますが、変更に対する値上がり幅の大きさを考えるとMC前のモデルで十分との評価がくだっています。

もくじ

どんなクルマ?
大きな変更なし

どんな感じ?
もっと軽量なら
V6モデルならではの魅力

「買い」か?
おすすめだが、MC前でも満足できる

スペック
ジャガーFタイプ V6 P380 Rダイナミックのスペック

どんなクルマ?

大きな変更なし

2019年モデルになっても、ジャガーFタイプは相変わらず悪魔じみたスタイリッシュさだ。だが、魅力的(で3500ポンドと非常に高額)なマダガスカル・オレンジの新色以外は、外観上は旧モデルとほとんど変わらない。

今回の改良は他のところに重点が置かれている。スタイリングは登場当時から素晴らしく、手を入れるべき部分はもっと他のところなのだろう。

2019年モデルではインフォテインメントシステムが、最新の10インチ「インコントロール・タッチプロ」に刷新された。新しいボディカラーやホイールデザインが追加されたほか、トルクベクタリングが標準装備となった。

加えて、命名規則も変更されている。2.0ℓ4気筒モデルはP300となり、エントリーグレードのV6はP340に、従来のV6 SはP380と呼ばれるようになった。つまり、今回の試乗するP380のRデザイン仕様はハイパワーなV6モデルという位置付け。しかし、同じモデルでもクーペとコンバーチブル、マニュアルとオートマ、後輪駆動と四輪駆動の2択からそれぞれ選ぶことができるため、自由度は高い。

next pageもっと軽量なら

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ