「Qカー」知ってる? 「羊の皮をかぶった狼」なクルマ21台 前編

公開 : 2018.12.08 07:40

サンビーム・タイガー(1964)

MGBと真正面から張り合ったちっぽけなサンビーム・アルパインのエンジンは、排気量1.7ℓの100psユニットだった。米国の顧客にもっとアルパインをアピールするため、キャロル・シェルビーはもうちょっと活発なものにするよう依頼された。

彼の解決策は、4気筒エンジンを4.2ℓのフォードV8に交換することだった。その結果生まれたのがサンビーム・タイガーである。1964年から1967年の間に7000台以上が製造された。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像