過去と未来を繋ぐ場所 ビスター・モーション 自動車世界の未来を体現?

公開 : 2019.05.19 16:50  更新 : 2020.09.21 21:34

出会いは偶然 敷地内をご紹介

6年前、ゲーガンが当時すでに閉鎖されていたビスター英国空軍基地を訪れた時、ここは英国で危機に瀕する歴史的エリアのリスト登録から5年が経過しており、彼がビスター・モーションの舞台として、この場所を発見したのは偶然だった。

「これほど広大で、これほど完ぺきな場所が見つかるとは思っていませんでした」と彼は言う。「ここはビスターで人気のショッピングビレッジからも目と鼻の先です。3年後には危機リストから除外され、その直後にはイングランド歴史的・記念物委員会から、積極的保護を行う優れた例として表彰を受けることができました。このことはわれわれにとって、大きな誇りとなっています」

ここにあるオリジナルの建物のほとんどが、目を引く赤いレンガ造りとなっているが、それは、こうした建造物を好んだ高名な建築家、サー・エドウィン・ラッチェンスが、公共建築管理委員会のメンバーだったからだ。

ゲーガンたちが調査を始めると、落書きや割れた窓、さらには火災によるダメージはあったものの、基本的に建物はしっかりした状態を保っていることが明らかとなっている。

新たにオーナーとなったゲーガンは、計画的な修復作業を進めるとともに、いくつかの建物には新たな役割を与えており、いま、この場所を訪れてみれば、秩序のなかに、その伝統に裏打ちされた落ち着きを感じることだろう。

ゲーガンが運転するロングホイールベースのランドローバーか、軽快な走りが魅力の1920年代製アルヴィス 2シーターで、敷地全体を巡るツアーに出てみれば、その驚くべき広さと、潜在力の大きさを実感するとともに、ビスター・モーションが2000人分の新規雇用を創出し、すでにこの地で計画が進められている、数千もの新規居住者を集めることになるのも当然だと思えてくる。

芝敷きの離着陸場との境界に立つ4棟の1920年代製の格納庫は、エントランスゲートからでも、滑走路のエプロンからでも目にすることのできる、ザ・ラジアルという名の高速周回路に面したビスターでもっとも目立つ建物であり、可能な限りオリジナルの姿を維持したまま修復され、最大2000人が入ることのできる展示イベントスペースとして活用されることになる。

 

人気記事