PHEVには馴染めなかった? V8へ “リターン” の可能性 メルセデスAMG新型「CLE 63」に導入か

公開 : 2024.05.13 18:05

メルセデスAMGの新型「CLE 63」には4.0L V8エンジンが搭載される可能性がある。C 63やGLC 63で “不評” だった4気筒PHEVは、ハイパフォーマンスだがファンの心を掴めていない。

CLEにV8搭載? ファンを掴めていない4気筒PHEV

ドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツは、高性能ブランドのAMGから4.0L V8ツインターボエンジンを搭載する新型2ドアモデル「CLE 63」を間もなく導入予定だ。幹部らへの取材で明らかになった。

48Vのマイルドハイブリッドを採用し、最高出力は585psに達すると言われている。同車にはこれまでプラグインハイブリッド(PHEV)を採用するとされていたが、計画は覆されたようだ。

テスト走行中のメルセデスAMG CLE 63のプロトタイプ
テスト走行中のメルセデスAMG CLE 63のプロトタイプ    AUTOCAR

最新のAMG C 63やAMG GLC 63は、2.0L 4気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせるPHEVであるが、トップクラスの性能を誇る一方でユーザーからの反響はあまり肯定的なものではなかった。現在、グローバル市場全体において、両車の販売台数は先代のV8モデルを大きく下回っている。

メルセデス・ベンツからの正式発表はないが、取材で得た情報から、新型CLE 63ではマイルドハイブリッド化したV8エンジン「M177」を搭載することになると考えられる。シリーズで最もパワフルなモデルとなるはずだ。

昨年末に発表されたCLE 53クーペ/カブリオレは、最高出力449psの3.0L直6ツインターボを搭載している。これはライバルのBMW M4に対抗するためのもので、M4は最高出力550psの3.0L直6ツインターボを使用している。

メルセデス・ベンツの関係者によると、CLEにV8エンジンを搭載するという決定は、PHEVのC 63とGLC 63に対する反応がいまひとつだったことに加え、世界各地のディーラーからのフィードバックも関係しているという。ディーラーからは、6気筒のCLE 53の上位に4気筒のCLE 63を位置づけることは、顧客の混乱を招くとの指摘があったようだ。

メルセデス・ベンツの研究開発部門の責任者であるマルクス・シェーファー氏は、北京モーターショー以前の取材で、同社がC 63とGLC 63の売れ行きを注意深く見守っていることを示唆した。パワートレインについては「お客様からのフィードバックに耳を傾け、そこを起点とする」と述べていた。

シェーファー氏によると、4気筒PHEVはF1で使用されているダウンサイジング・ハイブリッドにインスパイアされたもので、「高性能な内燃エンジンと強力な電気的側面」を組み合わせているという。

「驚くべき、圧倒的なパフォーマンス」を発揮するとのことだが、それでもなおAMGは新型SL、GT、S 63など、V8エンジンを搭載したモデルの販売を続けている。

Cクラスでは、4気筒と強力な電気的側面を採用することにしました。GTとSクラスは8気筒で、同じように電気的側面を持たせています。最終的にお客様がどう判断するか、見守る必要があります」

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 執筆

    マーク・ティショー

    Mark Tisshaw

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像