ニュース

2019.05.15

英ロータス セダン/SUV/クロスオーバー/GTモデル、検討も

編集部より

ロータスのCEOが、ラインナップ拡大について言及しました。条件が整えば、スポーツセダン/GTモデル/SUVも検討するそうです。

条件は、スポーツカーが軌道にのること

ロータスのフィル・ポッパムCEOは、将来的に、

・スポーツセダン
・GTモデル
・SUV
・クロスオーバー

を製造する考えを持っているようだ。しかし、スポーツカー・メーカーとしての信頼性を確固たるものにしたうえでの話だという。

先ごろハイパーEV「タイプ130」の計画を明らかにした同社は、エリーゼ、エキシージ、エヴォーラのフル・モデルチェンジよりも前に、新型スポーツカーの準備を進めていたことを示唆している。

ジーリーホールディングによる買収のあと、新任のポッパムCEOが立ち上げた5カ年計画の一部にこうしたスポーツカーのリニューアルが含まれているのだ。また同時に彼は、いつかはブランドを拡大し、それ以外のモデルも導入することを仄めかしている。

「SUVについては多くの話し合いを設けましたが、確定したことはまだないのです。現在はスポーツカーに関するビジネスの再検討を優先して進めているところですから。しかし、その方向性が定まったあとは、ロータスはDNAとヘリテージを持ち合わせているので、前へ進むことになるでしょう」 “FT Future of the Car Summit” に出席したポッパムがこのように語ったのだ。

「GTモデル、クロスオーバー、SUV、スポーツサルーンなど、わたくし共の計画はオープンな状態です。あらゆるモデルのポテンシャルを精査し、すべての領域について検討します」

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ