BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2019.05.08

ジャミロクワイ ジェイ・ケイ所有のミニ、オークションへ 個性的な改造に注目

編集部より

ジャミロクワイのジェイ・ケイはクルマ好きとしても有名。そんな彼が個性的な改造を施したクラシック・ミニの最終モデルが、オークションに出品されます。

もくじ

一見、何の変哲もないミニだが……
ミレニアム・スペシャル
車内に入るとファンキーな気分に
プライバシー保護の配慮も
貴方がオーナーになれるかも

一見、何の変哲もないミニだが……

ジャミロクワイのフロントマン、ジェイ・ケイは数え切れないほど多くの稀少なクラシックカーを長年所有している。しかし、このミニほど本当に変わったクルマはそれほど多くない。

ローバー・ミニ・クーパー・スポーツは誰もが好ましく思うクルマではないかもしれない。だが、その真っ赤のインテリアとポップスターが施した改造は、この世に2つとない独自性を放っている。

そんなクルマが、5月11日のシルバーストン・オークションで売りに出される予定だ。あなたが熱烈なジャミロクワイのファンか、あるいはミニ・マニアであるなら、入札したくなるに違いない。

ミレニアム・スペシャル

ジェイ・ケイの赤いクーパー・スポーツは2000年製。クラシック・ミニ最終生産車の1台だ。

1990年代の終わりに、この小さなアイコンは生産コストが高くなりすぎており、ローバーの損失はジャミロクワイの曲名のような『ディーパー・アンダーグラウンド』に向かっていた。ローバーを買収したBMWはクラシック・ミニの生産終了を決定。だが、その前に最後のモデルを世に送り出す。

ローバーから発売された最後のアレック・イシゴニス設計のミニには、4種類のバリエーションが設定されていた。

クーパー・スポーツはその中の最上級グレードだ。1960年代にジョン・クーパーが開発した伝説的ラリーカーに敬意を表したこのクルマには、フルレザーのインテリア、アロイ製ダッシュボード、ワイドに張り出したオーバーフェンダー、そして何よりも重要なフロントのドライビング・ランプが装備されていた。

next page車内に入るとファンキーな気分に

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ