試乗 フィアット500X改良新型 新エンジン1.3ℓターボ/内装/サイズを評価

公開 : 2019.05.18 09:50

どんな感じ?

後席/トランク 広さは?

「けっこう大きいですね」と。この取材中に同様の言葉を何度か聞いたが、500Xは全長4280mm×全幅1795mm。昨今の乗用車ではコンパクトサイズ。カローラスポーツより少し小さいくらいだ。高い全高が大きく見える理由の一つかもしれないが、フィアット500と無意識のうちに比較しているのだろう。何しろ500の全長は登録車では最小クラスである。

一回り以上拡大したボディサイズがもたらしたのは言うまでもなくキャビン実用性だ。ゆったりという訳にもいかないが、後席は男性が長時間過ごすにも十分なスペースを備え、自然体の姿勢で着座感もいい。

付け加えるならシートデザインはステッチやパイピングで小洒落たソフトレザーの旅行鞄やポーチといった造り。500ほどカジュアルではなく、大人っぽい遊び心が感じられる。500姉妹の姉様といった雰囲気だ。

荷室容量はコンパクト2BOX車の標準レベル。後席使用時でも小旅行には十分であり、ユーティリティ系車種までは不要というユーザーには十分だろう。要するに居住性も積載性も「ふつうに使える」わけだ。

500といえば、後席はプラス2と言わないまでも嵌り込むような狭さ、トランクは後席使用時は日常の買い物用途対応レベルである。比較すれば格段に実用的だ。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記