試乗 フィアット500X改良新型 新エンジン1.3ℓターボ/内装/サイズを評価

公開 : 2019.05.18 09:50

「買い」か?

運転支援装備も有り 買いか?

輸入車も国産車もハッチもSUVもなく、純粋に愛嬌と小粋さ、実用性に惚れて500Xを選んだユーザーが、スポーティな走りはどう思うか自分なりに予想したが、たぶん無問題。

最近はちょっとスポーティくらいが普通であり、乗員を苛むようなスポーティさでもない。ヤング&カジュアルの範疇である。市街地走行では後伸び感のあるトルク特性や締まったフットワークも高速域では頼もしいと感じるはず。

加えて、ACCや補正操舵支援機能を備えたLKA、BSMといった安全&運転支援装備も備え、遠出で遊びに行くのも得意。適応用途とともに行動半径の広さも500Xのセールスバリューである。

自らをアーバンSUVと謳うとおりSUVとしては悪路対応力が低い。ただ、160mmの最低地上高は欧州車一般では高いほうだ。あくまでも「多少」の範疇だが、SUVらしいボディ下部のデザイン処理もあって、一般的なワゴンや2BOX車に比べればアウトドアレジャーにも対応できる。悪路走行性能を必須と考えるドライバーが500Xをターゲットとするとも思えないし、キャラ惚れで選ぶなら意外と使えるクルマなのだ。

ナビがスマホ対応だったり、ACCがあるのにふつうのクルコンも装備されてて紛らわしいなどの気になる部分もあるが、チンクスタイルや良質ハイセンスの内装等々に惚れてしまえば、それらは些細な事だろう。輸入SUV系では手頃感のある価格設定でもあり、主流からちょっと外れたところで自分らしさに浸るにはいいモデルである。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記