初試乗 新型 BMW X4 Mコンペティション 510psのストレート6 宿るMらしさ

公開 : 2019.07.06 10:10

BMW製の中型SUVクーペに、Mディビジョンが手を加え510psを獲得したX4 Mコンペティション。Mの名に恥じないスポーティさを獲得しています。実用性では若干X3に劣るものの、スタイリッシュなデザインに惹かれる読者もいるでしょう。アメリカで試乗しました。

もくじ

どんなクルマ?
スタイリング以外の基本構成はX3と同一
どんな感じ?
車内の広さはメルセデス-AMG GLCクーペと同等
レーザーメスのように鋭い直6ターボ
余裕すら感じられる巧みなボディコントロール
「買い」か?
本物のMらしさが宿る
スペック
BMW X4 Mコンペティションのスペック

どんなクルマ?

スタイリング以外の基本構成はX3と同一

BMWのMディビジョンによる、ハイパフォーマンスSUVに新しいモデルが追加された。それがX4 Mコンペティション。BMWとしてはSUVではなく、スポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)と表現している。

定員5名という点に変わりはないが、明確に傾斜したルーフラインと引き換えに車内空間は多少犠牲になっている。エクステリアデザインもスタイリッシュになっているが、その分、ラゲッジスペースもX3 Mコンペティションと比較すると小さくなった。

X4 Mコンペティションに搭載されるエンジンは、X3 Mコンペティションと同じ、新開発の3.0ℓ直列6気筒ターボエンジン。ドライブトレインやサスペンションも基本的には同一のものと考えていいだろう。だが、リアトレッドが僅かに広げられている。ほかにもX3 Mよりリアオーバーハングが長くなり、その高さもやや低くなっているが、BMWによれば車重や走行パフォーマンスは基本的に同一だという。

英国の場合、X3 Mとの素材の違いなどを理由に3000ポンド(40万円)ほど高い価格が設定されている。ボディの特別色やオプションなどを選べば、もちろんその分の差が出るけれど。ちなみに、X3 Mでは選択できた、ラゲッジスペースの保護ネットやリアシート背もたれのリクライニング機能、リアウインドウのサンシェードなどはX4 Mでは選択できない。

予習はこのくらいにして、走り出してみよう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事