海外試乗

2019.06.26

4ℓV8の孤高の魅力 メルセデス-AMG GLC 63Sクーペ フェイスリフト版に試乗

メルセデス-AMG GLC 63Sクーペ

テスト日 : 2019年6月7日

価格 : 8万ポンド(1160万円・予想)

文・ジェームス・ディスデイル 

編集部より

ツインターボV8エンジンから510psを発生するGLCのモンスター、63S。ジャガーFペースSVRやアルファ・ロメオ・ステルビオQVなどの並みいるライバルを引きな離す魅力を備えているのか、ドイツ・フランクフルトで評価しました。

もくじ

どんなクルマ?
控えめなフェイスリフト
ドライビングモードをアップデート
どんな感じ?
電子デバイスは有効ながら、過信は禁物
EVのような低回転域からの大トルク
コンフォートモードならお任せで快適なAT
「買い」か?
V8以外の尖った性格があってもいい
スペック
メルセデス-AMG GLC 63Sクーペのスペック

どんなクルマ?

控えめなフェイスリフト

フェイスリフトを受けた最新GLCの最速SUVと呼べるのが、メルセデス-AMG GLC 63クーペ。つまり、メルセデス・ベンツやメルセデス-AMGのSUVの中でも最速となる。現行モデルライフとして中期となるフェイスリフトが、他のGLCの各グレードと同様に施された。スタイリングのアップデートに加えて、インフォテインメントシステムも最新のものに更新。ドライビングモードには、度肝を抜かれる新しい設定も追加されている。

今回のフェイスリフトだが、GLCとGLCクーペともに、見た目上のお化粧直しの範囲はさほど大きくはない。LEDヘッドライトとテールライトのデザインが改められ、フロントグリルはより目を引く、押出感の強いものになっている。リアバンパーには菱形となった4本のマフラーカッターが凄みを利かせている。今回の試乗車も内容は同じだ。アルミホイールにはオプションとなる21インチのものを含めて、新デザインが追加されている。

インテリアデザインは、新しいAクラスから始まったコーディネートに準じている。対話型インフォテイメント・システムの「MBUX」と、デジタルインスツルメントが組み合わされている。ステアリングホイールのデザインも最新のものが採用され、一見すると戸惑うほどのボタンやスイッチ類がレイアウトされている。とはいえ、慣れれば使い勝手は良好で、握った感じも気に入るはず。

 
最新試乗記