英国版中古車のすゝめ クラシック・ミニとは一味違う エルフとホーネット

公開 : 2019.10.12 07:50  更新 : 2020.12.08 10:56

オーナーの意見を聞いてみる

「沢山のクラシックカーを所有してきました」と認めるのは、アーティストで俳優のジェイソン・クリストファー。「でもいまはこの1台のみです。郊外に住んでいるわたしにとっては、毎日の足でもあります。個性的で、ミニの自動車ミーティングに行っても他とは違う反応がもらえます」

「妻と出会えたキッカケも、妻がライレー・エルフを所有していたからです。彼女がエルフ・ホーネットの自動車ミーティングに現れて、タイプだ!と思ったんです。結婚式にはハインツ57ホーネットをウェディングカーとして持ち込みました」

ライレー・エルフ/ウーズレー・ホーネット
ライレー・エルフ/ウーズレー・ホーネット

「このクルマと同じ色の、状態のいいエルフも所有していたのですが、Mk2の方が珍しいのでこちらを残しました。ピーター・ミッチェルはとても良い1275ccのエンジンを組んでくれました。ディスクブレーキと12インチホイールの組み合わせも走りやすいです。Aピラーのパネルは年内中に交換予定です」

「カーディナル・レッドのインテリアに合う、Mk2ミニのシートを取り付けています。背骨の怪我で、乗り降りに支援が必要なので、こちらのほうが良いのです。普通のミニと同じく、ゴムサスペンションのドライブフィールはゴーカート。ハイドラスティックの方がより柔らかく、郊外の道を走るのにも最適です」

この個体には、とても珍しいステアリングコラムに取り付けられた、レブカウンターも付いていた。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事