【6気筒で走りも向上】BMW X5 xドライブ45e Mスポーツ 24kWhバッテリー搭載

公開 : 2019.12.24 09:50

BMW製6気筒エンジンに大きなバッテリーが組み合わされたプラグイン・ハイブリッドSUVが、 X5 xドライブの「45e」。優れた環境性能だけでなく、ブランドに違わぬ走りを実現しています。英国で評価しました。

6気筒エンジンに24kWhのバッテリー

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
BMW X5のプラグイン・ハイブリッド(PHEV)に搭載されるエンジンが4気筒から6気筒へとスイッチ。ミュンヘンの魔法なのか、燃費は良くなり、英国の場合税制面でも有利となった。

この恩恵は主にバッテリーの容量が増やされたため。従来のX5 xドライブ40eのバッテリー容量は9.2kWhだったのに対し、新しいX5 xドライブ45eでは24kWhと倍以上になっている。結果、電気のみで走行可能な距離が増え、税金の優遇率も高くなった。

BMW X5 xドライブ45e Mスポーツ
BMW X5 xドライブ45e Mスポーツ

2020年4月から英国の場合、PHEVの会社からの貸与車両はWLTP値での二酸化炭素排出量に加えて、電気のみで走行可能な距離でも税額の分類が分かれる。毎月のガソリン代だけでなく、税金面を考えてもライバルとのメリットは小さくない。

多くのライバルはバッテリー容量が小さく、EV状態での走行距離は32km以下なのに対し、新しいX5 45eなら82kmも走れる。英国ではPHEVで64km以上走行可能な場合、福利厚生に対する(BIK)税率が8%となるが、64km以下の場合は14%。それ以下ならもっと税率は上がる。

比較する車種にもよるが、このBIK税だけでも200ポンド(3万円)前後の節税効果がある。ディーゼルエンジンの貸与車両と比較すれば支払額は倍近い差が出るだろう。

2019年にBMWはPHEVモデルの刷新を幅広く行ったが、このX5 45eもその一つ。第4世代のハイブリッドバッテリー技術と呼ばれるものが導入された。

システム総合で394psと60.9kg-m

BMW 530eや330e、X3 30eなどと同様にエンジンは縦置きで、電気モーターは8速ATとエンジンの間にマウントされる。だが530eや330eとは異なり、X5 45eに搭載されるのは3.0Lの6気筒ターボ・ガソリンエンジン。最高出力は286psで、745eと同じユニットだ。

そこへ112psの電気モーターがアシストすることで、システム総合では394psと60.9kg-mを発生。ポルシェカイエン Eハイブリッドとは差があるが、ボルボXC90 T8ツインエンジンに迫るパワーを得ている。

BMW X5 xドライブ45e Mスポーツ
BMW X5 xドライブ45e Mスポーツ

蓄電容量は大きく増えたが、バッテリーはフロア下部などに収まり、パッケージングは従来から変更はない。クルマの構成としては、基本的に4代目X5と共通。ただし、燃料タンクはPHEVではないX5とは若干位置が異なり、荷室空間がわずかに狭く、7シーターは選択できない。

運転席の着座姿勢は快適で理想的。モニターによるデジタルメーターとインフォテインメント・システムは、どちらも可読性に優れている。インテリアの質感も高い。

着座姿勢は大型SUVとしてははやや寝そべる姿勢となり、車内も若干ライバルよりは狭い。だが最新技術が満載の、高級感に溢れた現代のラグジュアリー・ファミリーカーとして、不満はないだろう。

一度試乗はしているが、走行性能の高さや運転のしやすさ、スムーズさ、上質感など、明確に進化を感じ取れた45e。それは英国の道でも変わりない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×