[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

最新G20型3シリーズ BMW 320dツーリング Mスポーツに試乗 ほぼ満点と呼べる

2019.11.06

100字サマリー

ステーションワゴンのボディをまとった、最新G20型の320dツーリング。BMWらしいダイナミクス性能に実用性と堅実なルックスが組み合わされた、実力派の1台です。英国の一般道で評価しました。

もくじ

高い支持を得るであろう2.0Lディーゼル
ライバルに並ぶインテリアの質感
荷室は増えても減点要素は殆どない
BMW 3シリーズ 320dツーリング xドライブ Mスポーツのスペック

高い支持を得るであろう2.0Lディーゼル

text:Tom Morgan(トム・モーガン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
新しいBMW 3シリーズ、G20型にステーションワゴンのツーリングが登場した。今回試乗する320dツーリングは、英国のラインナップでは最有力の2.0Lディーゼルエンジンを搭載したモデル。

このエンジンの良さは、既に4ドアサルーンで2019年の初めに確認済み。幅広いドライバーに支持されてしかるべきユニットだ。欧州でのディーゼルに対する風当たりは強いままだが、性能やスムーズさ、経済性は、このカテゴリーでは依然として高い訴求力を持っている。

BMW 3シリーズ 320dツーリング xドライブ Mスポーツ
BMW 3シリーズ 320dツーリング xドライブ Mスポーツ

それはより実用性に振ったツーリングでも当てはまるだろう。4人家族での週末旅行や、ホームセンターへの買い出し、時にはトレーラーの牽引にも活躍するクルマだ。

荷室の容量は先代の495Lから500Lへと、若干だが増加。大きく開くテールゲートに段差のない低い開口部、電動で折り畳めるリアシートなどを備え、利便性は良好。リアシートを完全に折りたためば、荷室容量は1510Lにまで広がる。この広さに同クラスで勝てるのは、スコダ・スパーブ・エステートくらい。

今回の試乗車は、320dツーリングのオーナーの半数以上が選択するであろう、Mスポーツ。18インチのアルミホイールに、アダプティブではないMスポーツ・サスペンションを備えている。

またxドライブということで4輪駆動。330dのようにスポーツブレーキやアクティブ・リアデファレンシャルは装備していない。

 
最新試乗記