【トリプルモーターで503ps】アウディeトロン Sスポーツバックへ試乗 高度なEV技術に称賛

公開 : 2021.02.14 08:25

3基の駆動用モーターを搭載した、eトロン Sスポーツバック。オーバーブースト機能で503psと99.0kg-mを発揮する純EVのSUVを、英国編集部が評価しました。

3基のモーターで503psと99.0kg-m

text:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
成長期の初期にあるといえる電気自動車。話題はボディの大きさや馬力、バッテリー容量や航続距離などの数字が中心になりがち。もちろん、価格も。

そんな純EVに、アウディは最新のeトロン Sスポーツバックでもう1つ注目の数字を加えた。電気モーターの数だ。eトロン 55スポーツバックにモーターを追加し、合計3基を搭載したのだ。

アウディeトロン Sスポーツバック(英国仕様)
アウディeトロン Sスポーツバック(英国仕様)

eトロン Sスポーツバックでは、大きなモーターがフロントタイヤを駆動し、小さな2基のモーターが左右のリアタイヤを個別に駆動する。これにより、トルクベクタリング機能や左右リアタイヤの自由なトルク分配を実現し、俊敏性を高めている。

モーターが3基あれば、パワーが不足することはない。普通に走っているだけでも、最高出力435psと最大トルク82.2kg-mを生み出す。さらにスポーツ・モードを選びオーバーブースト機能を働かせれば、503psと99.0kg-mが解き放たれる。

過剰といえる力を発揮するには、多くの電気を必要とする。eトロン Sスポーツバックには容量95kWhの大きなリチウムイオン・バッテリーが搭載されるが、航続距離は363kmと期待ほど長くはない。

eトロン Sスポーツバックは、プロトタイプ段階のものを2020年の初めにドイツで試乗している。その走りは思わず笑顔になるものだった。ドライブモード次第では、オーバーステアで遊べるクーペSUVの試作車に出会えたのだから。

アウディeトロンらしい洗練性と活発さ

アウディはこのシステムを、ハンドリング2.0と呼んでいる。機械的な電子制御デフを2基のモーターで模した構造だが、反応は非常に高速で、高精度な制御を実現させていたことが記憶に新しい。

今回試乗したのは、寒い1月の英国。道路には96km/hの最高速度があり、湿っていた。

アウディeトロン Sスポーツバック(英国仕様)
アウディeトロン Sスポーツバック(英国仕様)

派手なドリフトも許されず、新しいハンドリング水準を確かめることも難しかった。そのかわり、走りはこれまでのeトロンに近いものに思えた。決して悪いことではない。

ドライバーとの一体感は希薄だが、eトロンはとても活発で、極めて洗練されている。このSスポーツバックも同様だ。

実際に運転してみると、操縦性が向上していることに気づく。ポルシェ911に迫ることはないものの、優れたグリップ力と鋭いコーナリング性能には感心させられる。

一方で、大きな21インチ・ホイールとスポーツ・サスペンションが組まれる「S」は、従来のeトロンが備えていた白眉の上質さを霞ませている。リアタイヤの制御が巧妙でも、2.5t以上ある重量を隠すことは難しい。

大径ホイールと引き締められたサスペンションのおかげで、高速道路以外の路面では乗り心地に落ち着きが足りない。同時に、ボディの重さや大きさを常に意識させられる。

高速道路に合流すれば、いままでのeトロンのような癒やしのクルージングが待っている。走行中はほぼ無音で、洗練度合いはベントレーに匹敵するほど。車重の重さが、どっしりとした安定感と快適性を生んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アウディの人気画像