【市販化あっぱれ】流行の先陣を切ったモデル4選 高級SUV/ミニバンなど 

公開 : 2021.06.30 05:45  更新 : 2021.06.30 10:48

高級SUVやミニバンなど、今では当たり前のカテゴリーにもパイオニアがいます。そんな4モデルを紹介します。

無骨なSUVに高級の概念を

text:Kouichi Kobuna(小鮒康一)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

クルマというのは、趣味や好みが大きく影響する部分である反面、ある部分では生活必需品という側面も持っている。そのため、必要な人が多ければ人気車種になるというのはもちろんなのだが、それでも流行というものは存在する。

例えば今であれば、ファミリーカーが必要と考えるユーザーの中でもミニバンではなくSUVという選択肢をする人も増えているが、これはまさしく流行が影響しているといえるだろう。

トヨタ・ハリアー(初代)
トヨタ・ハリアー(初代)    トヨタ

そんなさまざまな流行は、当然それをリードしたモデルというものが存在している。

前述のクロスオーバーSUVであれば、1997年に初代モデルが登場したハリアーが高級SUVというジャンルの先陣を切ったクルマといえるだろう。

それまではどちらかというと、無骨で悪路が似合うクルマというイメージだったSUVに「高級」というテイストを盛り込み、フォーマルなシーンにも載り付けることができるモデルというキャラクターを与えたのだ。

当時のCMもライオンの頭部を持った紳士がイメージキャラクターとなり、レッドカーペットにハリアーを横付けするというものだったことをみても、その狙いは明白といえるだろう。

結局ハリアーは大ヒット車種となり、北米市場では高級車ブランドのレクサスからRXという車名で発売され、海外でも爆発的な人気車種となったのだ。

その結果、他メーカーも高級SUV市場に参戦し、現在のようにスーパーカーメーカーすらSUVを作る時代となったわけだが、これもハリアーが存在しなければブーム自体もなかったかもしれない。

冷え切った小型オープンカー市場を再燃

現在でも世界で最も売れている小型ライトウェイトオープン2シーターであるマツダ・ロードスター。

今でこそマツダを代表する車種の1台として、日本のみならず世界中で愛されているモデルとなっているが、初代モデルが登場した1980年代後半はこういったジャンルのスポーツカーは皆無といってもいい状態だったのだ。

マツダ・ロードスター(初代)
マツダ・ロードスター(初代)    マツダ

当時、新車で購入できる小型オープンと言えばアルファロメオ・スパイダー程度であったが、初代スパイダーは1960年代に登場したモデルということもあり、旧態依然であることは否めなかった。

それでもなお、新型車が登場していなかった理由は簡単で、各メーカーとも小型オープンカーにそこまでの需要が見込めなかったからである。

しかし、マツダはロードスターの試作車をアメリカの街中で走らせることで商機があることを確信し、開発にGOサインを出したのだ。

とはいえ、小さなプロジェクトとしてスタートしたため人員が足らず、多くのメンバーは本業が終わった後に開発室に駆け付けたというエピソードが残っているほどだった。

そんな苦労を経て登場した初代ロードスターは瞬く間に人気車種となり、デビュー翌年には全世界で10万台弱が販売されるという、スポーツカーとしては異例の大ヒットを記録した。

その後、MG-Fやフィアット・バルケッタ、メルセデス・ベンツSLK、BMW Z3といった2シーターオープンが多く登場したが、これにはロードスターの成功があったからこそなのだった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事