トヨタ・ハリアーPHEV用モデリスタカスタマイズパーツ発売 ガソリン/ハイブリッド車とデザイン差別化

公開 : 2022.09.27 11:25

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、トヨタ・ハリアーPHEVモデル用モデリスタカスタマイズパーツを発売します。

PHEV専用デザインに

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、トヨタ・ハリアーのプラグインハイブリッド(PHEV)モデルが2022年10月31日より発売されることにあわせ、PHEV用モデリスタカスタマイズパーツを追加し、全国のトヨタ車両販売店を通じて発売する。

今回新たに設定されたハリアーPHEVモデルは、Zグレードに大容量リチウムイオンバッテリーを搭載したプラグインハイブリッドシステムを設定。専用のフロントグリルなどを装備し、価格(税込)は620万円と発表されている。

トヨタ・ハリアー(PHEV)用モデリスタ「グラン・ブレイズ・スタイル・フォーPHEV」
トヨタ・ハリアー(PHEV)用モデリスタ「グラン・ブレイズ・スタイル・フォーPHEV」    トヨタカスタマイジング&ディベロップメント

モデリスタブランドにおいて、ハリアーでは、「グラン・ブレイズ・スタイル」と「アバン・エモーショナル・スタイル」という2つのデザインのエアロパーツが設定されているが、PHEV用は「グラン・ブレイズ・スタイル」をアレンジし、「グラン・ブレイズ・スタイル・フォーPHEV」として追加設定した。

「グラン・ブレイズ・スタイル・フォーPHEV」では、ベース車のグリルやフロントバンパーの形状にあわせてフロントスポイラーを最適化。

スポイラー先端部は、従来のガソリン/ハイブリッド車用ではメッキが施されているのに対し、PHEV用では一部をボディカラーとすることで、PHEVらしいスマートさと先進性をアピール。

また、リアスタイリングキットのマフラーカッターをPHEV専用にマットブラックとすることで、PHEVらしいスタイリングを実現した。

さらに、ガソリン/ハイブリッド用と同様のシグネチャーイルミグリル、バックドアスポイラーやクールシャインキット、20インチアルミホイールなど、従来からのハリアー商品を適合拡大させた。

モデリスタ「グラン・ブレイズ・スタイル・フォーPHEV」の価格(税込)は、専用エアロパーツセットで28万7100円(素地色)~31万1300円(塗装済み)。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

トヨタの人気画像