【トレンドの中心】ベストなコンパクトSUV 10選 欧州編 家族向けの実用性と走る楽しさ

公開 : 2021.07.21 18:25

9. BMW X1

BMWのSUVラインナップは常に拡大を続けているが、その最小モデルであるX1は、ダイナミックな動きを備えた実用的なファミリーカーを求める人にとって、依然として最適な選択肢の1つだ。同クラスの高級SUVの中では、比較的実用性が高く、ハンドリングも良好で、室内もゴージャスだ。

残念なことに、燃費は悪い部類に入るが、現在では電気のみで50km以上走行可能なプラグイン・ハイブリッド車が用意されている。自宅で充電でき、毎日の走行距離が80km以下であれば、これは非常に便利だろう。

BMW X1
BMW X1

全体的に見てX1は実用的であり、SUVとクロスオーバー・ハッチバックの両方の性質を兼ね備えているため、スペースとコンパクトさが融合した魅力的なモデルである。スポーツ志向のドライバーにも喜ばれている。

10. メルセデス・ベンツGLB

メルセデスの箱型の新しいコンパクトSUVは、フラッグシップのGLSの縮小版のように見えるかもしれない。だが、実際のGLBは、AクラスBクラスと同じMFA2プラットフォームを採用している。

メルセデスの最新インフォテインメント・システム「MBUX」を採用したハイテク満載の豪華なインテリアは7人乗りが可能で、コンパクトな見た目を良い意味で裏切っている。もちろん、3列目は子どもたちのために用意されているが、このクラスでこのような柔軟性を持つクルマはなかなか見つからない。

メルセデス・ベンツGLB
メルセデス・ベンツGLB

エンジンは、おなじみの4気筒ガソリンとディーゼルが用意されており、AMG A 35と同じ306psのユニットを搭載したモデルがグレードの頂点に位置している。

初期に試乗したのはエントリーモデルのGLB 200で、十分なパンチ力を発揮するとともに、洗練されたレスポンスの良さに感銘を受けた。その後、英国でGLB 220dにも試乗したが、洗練されていないものの、非常に滑らかで運転しやすいクルマだった。

クルマとアスファルトの接地感がしっかり感じられ、快適で安心感のある走りを見せてくれる。運転の楽しさを求めるならベストチョイスとは言えないが、礼儀正しさと実用性、プレミアム感を重視している点は非常に好感が持てる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×