ニュルブルクリンクに謎のゴルフGTI

公開 : 2014.04.11 21:30  更新 : 2017.06.01 02:13

ニュルブルクリンクで謎のゴルフGTIがテストされているの発見した。これは、昨年フォルクスワーゲンの関係筋が語った300psオーバーのFWDモデル、スーパーGTIかもしれない。

フォルクスワーゲンは、今月後半に開催される北京モーターショーで、ゴルフR Evoとネーミングされたコンセプト・モデルを出展する予定だ。これは従来の300psから370ps、45.9kg-mにまでチューンアップされた2.0ℓ4気筒ターボを搭載するモデルだまた、標準的なゴルフRのリア・シートを捨て、ロールケージが付けられるモデルだ。

フォルクスワーゲンの姉妹ブランドであるセアトは、レオン・クプラ・ハッチで、ノルドシュライフェで7分58秒44というラップ・タイムを叩き出している。フォルクスワーゲンは、ハルデックス・クラッチを持つFWDモデルで、このタイムを破ろうとしているのかもしれない。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像