ホームビルド・スポーツカー 後編 バックラーにオースチン、トルネード ほか

公開 : 2021.11.20 07:06  更新 : 2022.08.08 07:21

フェアソープ・エレクトロン(オーナー:デイブ・バムステッド)

ドン・ベネット氏は、キットカー市場へ早期に参入した第二次大戦時代のパイロット。残念ながら彼の製品は、ベーシックで完成度が低かった。だが当時の価格は425ポンドからと安く、多くのオーナーが完成にこぎつけている。

初期のフェアソープ・エレクトロンには、バイク用エンジンを載せた人もいたという。後に販売されたゼータでは、全長2700mmもないシャシーに、フォード・ゼファー用の直列6気筒エンジンが前提となっていた。

フェアソープ・エレクトロン(オーナー:デイブ・バムステッド)
フェアソープ・エレクトロン(オーナー:デイブ・バムステッド)

エレクトロンは2シーターだが車内は広い。安全への意識が低かった時代なら、トランスミッション・トンネルにクッションを置き、子どもを座らせることも可能だったという。

多く売れたフェアソープが、安価なエレクトロン・マイナー。デイブ・バムステッド氏は8年前に乗り捨てられた状態で購入し、ベネットが夢見たような、高品質な状態に仕上げている。

ボディは艷やかなメタリックブルー。白いインテリアと、ブルーのシートベルトでコーディネートしてある。ボンネットを開くと、エンジンブロックやロッカーカバーも鮮やかなブルーに塗られていた。

フェアソープ社はエレクトロンを、より水準の高いキットカーだと主張していたが、他にはない強い個性はスペシャル・モデル的。オーナーによる工夫が求められる点でも、通じている。

デロウMkI(オーナー:スティーブ・ストラット)

バーミンガムの南、アルブチャーチでケン・デリングポール氏とロン・ロウ氏によって創業された、デロウ社。初期のモデルはA型フレームのシャシーに、1172ccのフォード社製サイドバルブ・エンジンと駆動系を搭載し、通常の量産車として販売された。

当時人気の高かったトライアルレース用のスポーツカーとして設計され、公道での走行にも向いており、200台以上が作られている。フロントアクスルが独立懸架式ではなかったのは、悪路走行に向いていると考えられたためだ。

デロウMkI(オーナー:スティーブ・ストラット)
デロウMkI(オーナー:スティーブ・ストラット)

ボディにドアが付いたのは、MkIIになってから。オプションとして。

現オーナーのスティーブ・ストラット氏は、6歳の時にトライアル・レースへ参加。デロウの助手席に座った体験は、忘れられないものとなった。

しかしスティーブ自身がMkI用のシャシーと部品を揃えられたのは、2003年になってから。エンジンはフォード100E用のアングリア・ユニット。アルミヘッドが組まれ、フォード用のリアアクスルはコイルスプリングが支えている。

このMkIで特徴といえるのが、「フィドル」と呼ばれるブレーキ。ハンドブレーキの1つで、前輪を制動するには前に、後輪を制動するには後ろにレバーを倒す必要がある。滑りやすい坂を登る場面では、便利なブレーキではある。

記事に関わった人々

  • 執筆

    サイモン・テイラー

    Simon Taylor

    英国編集部ライター
  • 撮影

    ジェームズ・マン

    James Mann

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

ホームビルド・スポーツカーの前後関係

前後関係をもっとみる

おすすめ記事