電気自動車 急速充電で異変 米、テスラ方式進む なぜ統一規格にできない?

公開 : 2023.09.12 07:05

・ホンダ、充電ポートに北米充電規格
・統一規格にできないワケ
・充電インフラの課題解決 ハードル高い

日産に次いでホンダも採用

EV(電気自動車)の充電インフラについて、アメリカで大きな動きが出てきた。

日本にとって「海の向こうの話」として静観していても良いのだろうか?

ホンダが2023年9月7日、北米で販売するEV(電気自動車)の充電ポートに北米充電規格(ノース・アメリカ・チャージング・スタンダード:NACS)を採用することを、テスラと合意したと発表した。
ホンダが2023年9月7日、北米で販売するEV(電気自動車)の充電ポートに北米充電規格(ノース・アメリカ・チャージング・スタンダード:NACS)を採用することを、テスラと合意したと発表した。    テスラ

ホンダが2023年9月7日、北米で販売するEV(電気自動車)の充電ポートに北米充電規格(ノース・アメリカ・チャージング・スタンダード:NACS)を採用することを、テスラと合意したと発表した。

NACSとは、テスラが単独で普及させてきたスーパーチャージャーを、他のメーカー向けに規格としてその仕様を公開したもの。

NACSについては、ホンダ以外に日系メーカーでは日産が採用することを発表している。

さらに、GMとフォードというアメリカ自動車メーカーの二本柱がNACSの採用に踏み切っている状況だ。

気になるトヨタについて、現時点ではNACS採用に向けた動きは表面化していない。

こうしたアメリカでのEV向け急速充電インフラの変化は今後、世界のEV市場にどのような影響を与えるのだろうか?

また、日本でEV充電インフラといえば、高速道路のサービスエリア、カーディーラー、道の駅、コンビニなどでCHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電を見かけることが多いと思う。

一方で、日本でもテスラ「モデル3」や「モデルY」の販売が着実に伸びてきている状況だ。

果たしてこれから、EV向け急速充電インフラはどうなっていくのだろうか?

なぜ統一規格にできないのか?

日本でEVを充電する場合、大きく2つの方法がある。

1つは、普通充電と呼ばれる方法だ。自宅や会社にある100V電源、または比較的簡単な電気工事をして200V電源にして、そこから専用ケーブルでEVに充電する。

最も安価な方法は、一般的にEVコンセントと呼ばれる方法で、機器の価格は数千円から1万円程度。出力は3kWだ。

さらに、数万円から数十万円出すと、出力6-8kWの普通充電器が自宅でも購入できる。
また、出力6kW級の普通充電器は商業施設などでも普及されている。

一方で、急速充電と呼ばれる方法は、その名の通り出力が高く、普通充電に比べると短い時間で充電できる。

直近では、出力40-50kWが主流で、90kWや150kWというハイスペックが、特に高速道路サービスエリア等で増えていている状況だ。

この急速充電の規格が、CHAdeMO(チャデモ)方式という。

チャデモ方式は2000年代後半、三菱アイミーブと日産リーフが発売されるタイミングで、日本の電力会社、自動車メーカー、充電機器メーカーなどが協議して発案した。

日本としては、世界に先駆けて日系大手自動車メーカーがEV大量生産/販売に踏み切ったのだから、充電インフラについてもセットで提案しようとしたわけだ。

ところが、欧米からチャデモによるEV急速充電規格のグローバル化に対して異論が出た……。

記事に関わった人々

  • 執筆

    桃田健史

    Kenji Momota

    過去40数年間の飛行機移動距離はざっと世界150周。量産車の企画/開発/実験/マーケティングなど様々な実務を経験。モータースポーツ領域でもアメリカを拠点に長年活動。昔は愛車のフルサイズピックトラックで1日1600㎞移動は当たり前だったが最近は長距離だと腰が痛く……。将来は80年代に取得した双発飛行機免許使って「空飛ぶクルマ」で移動?
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

関連テーマ

おすすめ記事