特別企画

2016.12.14

アウディA4アバント ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

近年数えるほどしか存在しなかったステーションワゴンというカテゴリーだが、今年はモデルチェンジを迎えるものが多い。そのなかでアウディA4アバントは、実用性と機能美の融合という独自性をもっている稀な存在である。

全長4735mmは、従来型より15mm延ばされており、全幅もプラス15mmと拡大したが、全高はマイナス10mmとなった。ホイールベースは15mm延長された2825mm。軽量化は徹底して進められ、新型は最大で120kgのウェイトダウンに成功している。

新しいA4アバントは、フロント・オーバーハングが短く見えるようになり、ボディ面の張り出しを強め、グラマラスな印象が強調された。アウディ車は側面から見たとき、ボディとグラスハウスの厚みの比率を定めていて、ボディ2に対してグラスハウスは1だという。これを同社では黄金比と呼び、グラスハウスを大きく見せないことで躍動感を与えている。

クラムシェル(二枚貝)とアウディが名づけた側面に回り込むラップ・アラウンド・タイプのボンネットと、きれいにフロントフェンダーが合わさった精度の高さなど、アウディならではのこだわりは随所に見られる。

リアゲートが適度に寝かされているのも、アバントと呼ぶアウディ独自の個性だ。それでも荷室容量は確保されていて、新型では505ℓ。先代より15ℓ拡大している。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

クーペ的なスタイリッシュさで実用一辺倒にならないステーションワゴン、ここに極まり。252ps/5000-6000rpm、37.7kg-m/1600-4500rpmを発揮する2.0TFSIのパワーを、クワトロシステムで解き放てば、高めの回転域を使ってスポーティなドライビングを楽しむことも出来る。そのうえで最新の先進安全機能とJC08モード15.5km/ℓの環境性能まで付加されている。これを上質と言わずになんと呼ぶのだろう。
 

▶ 特別企画 / 乗る人すべてを幸せにしてくれる新型Audi A4 Avant 2.0 TFSI quattro

アウディA4アバント 2.0TFSI クワトロ

●価格:6,260,000円 ●燃費:15.5km/ℓ ●ボディ・サイズ:4735×1840×1455mm ●車両重量:1680kg ●エンジン:直列4気筒1984ccターボ ●最高出力:252ps/5000-6000rpm ●最大トルク:37.7kg-m/1600-4500rpm ●ギアボックス:7速デュアル・クラッチ ●タイヤ:225/50R17

アウディ ジャパン http://www.audi.jp/a4avant/

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧