Juju(野田樹潤)ブログ

2021.03.21

Juju(野田樹潤)のUS F4進出。3月26日の第1戦に向けて、テストやチームの状況をお伝えします。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第50話:嬉しいトップタイム F4 US第1戦への気持ち

もくじ

待望の新車、でもトラブルは色々と
チームは4台体制! 少しずつ状況変化
自信は7割! 残り3割もこれから

待望の新車、でもトラブルは色々と

アメリカはチャンスが多い国。プロトタイプスポーツカーに乗れるチャンスもあった。Jujuにとって初めての体験。

こんにちは、Jujuです。今回は3月6日~9日の4日間、米バージニア・インターナショナル・レースウェイで行われたUS F4のプレシーズンテストの模様を振り返ります。

最初に良い結果から報告しておきますね。

なんとわたし、テスト最終日の最後のセッションでトップタイムを記録できました~!

といっても、テストの4日間は決して順調ではなかったでんですけどね。色々あったんですよ。

新車の納車が2か月近く遅れたためにジェイ・ハワード・チームが所有する古いシャシーで走り込もうとしたのですが、それが壊れまくってなかなかうまく走れなかったこと。

そしてシーズン開幕直前になってUS F4のレギュレーションが変わり「レースが開催されるサーキットでF4マシンをテストしてはいけない」となりました。

ここまでは前回お伝えした通り。

このため今回のテストは新車のブレーキやギアボックスのアタリをつけるランニングインから始めたのでした。

ところが新車のシェイクダウンでも色々トラブルが出てしまったんですね。

特に1日目のギアボックスのトラブルは悔しかった。ようやく思いっきり走れるぞ! と思っていた矢先でしたから。

新車というと聞こえがいいですけど、レーシングカーって少量生産の手作りなので、不具合というのはあって当然みたいです。

結局テスト3日目まではセッティングを色々と決めていきたいのに、トラブルに足を引っ張られた格好になってしまったのでした。

ま、トラブルを出し切るためのテストでもあるのですが……ね。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦を開始。2020年、デンマークF4を経て、2021年シーズンはアメリカ「F4 US」に参戦。
 
 
 

人気記事