Juju(野田樹潤)ブログ

2023.05.08

【Juju(野田樹潤)ブログ】第84話:もう1つの開幕戦! ユーロ・フォーミュラ・オープンチャンピオンシップ(EFO)初戦 速度差、予想以上!?

最終ラップまで自己ベストを更新!

日曜日にはレース2と3がおこなわれました。今わたしにできる精一杯のことをやって自分のレベルを上げていくしかないと思って走りました。

結果はどちらのレースも7位でしたが、レース内容としては徐々に良くなっていったという実感があります。

トップとのタイム差は、レース1では24秒ありましたが、レース2では21秒、レース3ではテクニカルセクターで稼ぎ9秒まで詰めることができました。 写真:Tatsuya ENDOH

わたし自身、最終ラップまでプッシュして自己ベストを更新することができました。トップとのタイム差は、レース1では24秒ありましたが、レース2では21秒、レース3ではテクニカルセクターで稼ぎ9秒まで詰めることができたのです。

最高速に関しては、チームが最後まで試行錯誤してくれましたが、最下位は変わりませんでした。

なんと、レース後に他のチームのエンジニアがやってきてセッティング情報を共有してくれたのですが、肝心な部分はもちろん教えてくれませんでした(笑)

EFOの開幕戦は満足できるような結果とは程遠いものでした。でも問題ははっきりしており、これからわたしたちが何をどうすればいいのかというヒントもわずかながら得られました。

問題ははっきりしており、これからわたしたちが何をどうすればいいのかというヒントもわずかながら得られました。 写真:Tatsuya ENDOH

レース後さっそくわたしたちはスペインのモーターランド・アラゴンに移動し、色々とトライしてみることになっています。

EFOの次戦は2週間後。そこで何らかの成果が得られることを期待しています。ファンの皆さん、応援よろしくお願いします。

記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。3歳でカートを始める。経験を積み、9歳で最年少デビューを果たしたFIA-F4マシンでは11歳で「U-17大会」に出場。2018年にはF3マシンに挑戦し、2020年はデンマークF4参戦デビューウィン。2021年はアメリカF4 USとデンマークF4。2022年は「Wシリーズ」ドライバーオブザイヤーを獲得。2023年に獲得したユーロフォーミュラのウィナー、ZinoxF2000のチャンピオンはいずれも女性初。2024年日本最高峰レースのスーパーフォーミュラに史上最年少、日本人女性初のデビューを果たす。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」

バックナンバー

記事一覧

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像