イベント・レポート

2017.06.11

フィアット・フェスタ2017

[編集部より]

愛車「パンダ3」が “殉職” してしまったエビス記者。それでもカメラ片手に「フィアット・フェスタ2017」を取材。トレーラーを牽引するフィアット500の姿、たまりませんね。

text & photo: Daisuke Ebisu (戎 大介)

 

トレーラー牽引フィアット500や、新旧124スパイダー 続々来場

6月11日に群馬県の水上宝台樹スキー場で開催されたフィアット・フェスタ2017。昨年に続いてイベント・レポートを仰せつかった筆者、愛車パンダ3で会場を目指した・・・と書きたいところだが、我が相棒は昨年末、東名で大型トラックから私を護り天に召されたので、代車の軽自動車で会場入りした。元・若輩フィアット乗りの筆者が言うまでもなく、フィアットをはじめとしたイタリア車ファンにとっての定番イベントであるフィアット・フェスタ。今年でなんと24回目という息の長さからも、その人気の高さがわかるというものである。


ゲートオープンとなる朝7時を過ぎると、会場となるスキー場の駐車場前の道路には入場するエントラントとギャラリーのクルマで行列ができていた。現行のフィアット/アバルト500シリーズの多さには驚かされたが、それぞれにオーナーの個性が現れたモデファイが施されていて楽しい。そして今年は新型アバルト124スパイダーの姿が目立ったが、あわせてオリジナルのフィアット124もまた多く会場を訪れ、一大勢力を形作っていた。その他にも名車から珍車まで、さまざまなイタリア車が集まってくるのはこのイベントの層の厚さを感じさせた。

また、スペシャルショップやパーツメーカーのプロショップブースではプロモーションや会場限定のセールなどが行われ、フリーマーケットではコアなイタリア車ファン秘蔵のパーツやマニュアル類、可愛らしい手作りのグッズなどが大放出されていた。

70台が競う、スラローム/ラリー

走りが元気なイタリア車だけに、モータースポーツを楽しめるのもこのイベントの特長だ。広大な駐車場を利用してパイロンでコースを設置、走行タイムを競う『トロフェオ・スラローム』と、水上高原の自然の中を半日で巡るレギュラリティ・ランの『トロフェオ・ラリー』を開催、両競技を合わせて約70台が初夏の高原で走りを楽しんだ。

そしてエントラントからギャラリーまで、全ての参加者が楽しめるのが、このフィアット・フェスタの特徴。ビンゴ大会(公式ステッカー購入で参加権をゲット)やじゃんけん大会で、協賛各社からの豪華賞品が多数振る舞われた。競技の部分はシリアスながら、会場の雰囲気はあくまでもユル?くも家庭的。老舗イベントの風格を感じさせられた。
 

next pageフィアット・フェスタ 2017 51枚の写真で詳細レポート