国内試乗

2016.12.30

レクサスGS200t Fスポーツ

テスト日 : 2016年12月19日

価格 : 6,599,000円

文・桂伸一 撮影・佐藤正勝 

  • サーキット走行に使った車体は左ハンドルの北米仕様。公道試乗した日本仕様とハンドル位置が異なるだけと考えて良い。

レクサスGSに新たに加わった2.0ℓ4気筒直噴ターボ。サーキットとワインディングで走り込んできた。

■どんなクルマ?

ドアを閉めた瞬間に始まる静寂な空間。上位にLSもあるが、GSはミドルサイズセダンとして、メルセデスEクラス、BMW5シリーズ、アウディA6らとはひと味もふた味も違う日本の和を感じさせる。手に触れるものの風合い、操作も動きもしっとり滑らか、静かで落ち着いた世界感を味合わせてくれるという意味である。

試乗車はGS200t “F SPORT” 新たに追加されたダウンサイジング2ℓ直4 + ターボと8速ATを搭載した注目のグレードだ。

8速ATをMポジションにセットし、245ps、35.7kg-mのパワーとトルクを解き放つ。0.2秒の瞬時に変速するミッションの特性がスポーツを通り超えて “レースカー” を彷彿とさせる。

■どんな感じ?

エンジン特性は6200rpmを回転リミットにする実用特性型!! その意味は、“シャン” と鋭くリミットに達するのではなく、無闇に高回転まで引き上げるワケでもない。しかし、35.7kg-mを1650~4400rpmという広い回転域で発生するターボトルクは強力だ。それを8速のギヤ比が有効に引き出して、アクセルを深く踏み込まずとも、余裕の力量感と共に路面に伝えていく。2ℓながらまるで大排気量のような感覚で実に面白い。


next pageダウンサイジングターボをリミッターまで回す

 
最新初試乗