海外初試乗

2017.02.17

5代目ディスカバリー まずはインジニウム・ディーゼルを試乗 6ページ37枚の写真とともに

ランドローバー・ディスカバリー

テスト日 : 2017年02月15日

文・マット・プライヤー 

5代目となるディスカバリーは、小さな2.0ℓエンジンを積んでさえ、世界でもっとも有能なクルマの1台に数えられる。

■どんなクルマ?

2017年、もっとも重要な新型車は? 少なくとも、新型ランドローバー・ディスカバリーはその1台として挙げられる。そう、新型だ。旧型の手直しではなく、根本的に新しくなった、という意味の。

先代ディスカバリーは、先々代のシャシーがベースで、外観もよく似ていた。主な変化は、飛躍的に高級感を増した内装で、これが大きなヒットにつながった。

それ以降、ランドローバーは上級移行の勢いを増し、フリーランダーはディスカバリー・スポーツへと名前を改めて生まれ変わるなど、大幅な刷新を見せている。その流れで登場した今回の ‘ディスコ5’ は、先代までの無骨なエクステリアとついに決別した。

フロント周りを見れば、まるでレンジローバーのよう。それでも、ランドローバーがユーザーの望むディスカバリー像をしっかり把握していることは、ディテールに見て取れる。

例えばCピラーの造型や、ゆるやかなリア上がりのルーフライン、クラムシェル・ボンネットなどは、らしさ主張するポイントだ。さらに、踏襲されたフル7座のキャビン・レイアウトはレンジローバーとの決定的な差別化ポイントであり、ランドローバーではこれこそがディスカバリー成功の鍵だとしている。

‘ライフスタイル’ や ‘バーサタイル(多様性のある道具やひと)’ などといった言葉で宣伝されたりもするが、これらはこの卓越したオフローダーが、優れたファミリーカーでもあるということを表現するもの。少なくとも過去のモデルはそれを実証してきた。

ともかく、この新生ディスカバリーのディテールをひもといていこう。

next pageエンジン、サスは何を採用した?

 
最新初試乗

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧