海外試乗

2017.04.16

ミドル・セダン決定戦:後編 ―― BMW 5シリーズ vs メルセデス・ベンツEクラス vs ジャガーXF

BMW 530d/メルセデス・ベンツE350d/ジャガーXF 3.0 TDV6

テスト日 : 2017年04月10日

文・ニック・カケット 

[編集部より]

いよいよ後編! おおむね評判のよいBMW 5シリーズ。ただし周りには、じっくりと煮詰められたメルセデスのEや、同じように鋭そうなジャガーXFが存在します。「どれがいい?」に答えます。

E350d、疲れにくいのは◯ ただ飛ばすと……?

コンフォート・モード推奨かと思えるメルセデス・ベンツE350dのステア・フィールに対して、直進中のXFのステアリングには、中立の曖昧さなどというものは存在しない。

馬の手綱のように絶えずダイレクトで、冷ややかなまでにバランスの取れたジャガーのシャシーにふさわしいチューニングだ。

いっぽう530dは、Mスポーツ仕様のロー・ダウン・サスペンションと20インチ・ホイールの組み合わせにもかかわらず、ほかより外界からの刺激を遮断し、長距離走行でも高級感や洗練性で見劣りすることはない。

おそらくは、積極的な荷重移動とレーン・チェンジの安心感、上下動の小ささが織りなすハーモニーは、ドライバーの疲労を最低限に抑えてくれる。このクルマの最大の美点だ。

疲れにくいことは、クルマには非常に重要だ。たとえば、無責任な同乗者に「もっと飛ばして!」とせがまれたとき、はたまた、あてもなく遠くへ行きたくなったとき、われわれの場合なら、後先考えずに無謀な長距離試乗へ出発してしまったとき、その恩恵をありがたく知ることになる。

今回もそうしてオフィスを飛び出してきたわけだが、ロケ地はいうなれば「スポーツ+モードのための地」だ。日頃の苦役から逃れられる楽園だといってもいい。

ロッチデールからはダースフィールドに至るこのルートは、気まぐれに曲がりくねった道が丘陵とダムの間を縫う。

ただし、ときとして悪天候に行く手を遮られる。どうせなら、3週間ほど後に来たかった。その頃なら、谷間を10kmも先まで見晴らせただろうに。


next pageE350dは飛ばさないほうがいい いっぽうXFは?

 
最新初試乗