海外試乗

2018.07.07

比較試乗 高級4ドアクーペ対決 メルセデス・ベンツCLS vs ポルシェ・パナメーラ

メルセデス・ベンツCLS450/ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモ4 E-ハイブリッド

やや硬めの乗り心地

手持ちの4気筒にシリンダーをふたつ付け足しただけとはいえ、この3ℓ直6エンジンもすばらしく静かにバランスよく回る。なので、モーターウェイM4号線の走行車線をおとなしく走っていてもエンジンが動いたり止まったりを繰り返す様子はまるで感じとれない。

かわって注意をひくのは、以前にテストした20インチホイールをあてがわれたCLSよりもこの19インチモデルのほうがはるかにすぐれた乗り心地をもつことだ。もっとも、それでも予想ほどではないのだが。

このAMGラインのサスペンションは金属スプリングで、車高は標準車より15mmさがっているが、路面の凹凸にはよくついていく。ただ路面状態によっては粗を出し、動きが落ちつかなくなりちょっとした突き上げも出てくる。まあ乗り心地は十分に良いので、そんなことは心の奥にしまっておいても良いかとも思ったが、このクルマが相手とする顧客層にとっては見過ごせることではないだろう。

Eクラスはこんな振る舞いはしないし、アウディA6だってそうだ。ただCLSに真っ向からぶつかるA7スポーツバックはといえば…たしかにおなじ傾向だ。屋根を低くしたら乗り心地も硬くしなければならないと、メーカーは思いこみすぎではなかろうか。

もっとも、インテリアの仕立ての方はうまく決まっている。また、A7スポーツバックのように「どこからあら探しすればいいのかすらわからない」とまではいかないが、われわれの知るメルセデスよりもしっかりした感じだし、おまけに派手だ。

next pageオールラウンダーのCLS 安全装備も多数

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ