初試乗

2018.07.07

メルセデス・ベンツCLS450/ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモ4 E-ハイブリッド

367psと51.0kg-mを発生するCLSのパワートレイン
マイルドハイブリッドシステム「EQブースト」を備える
道路から隔絶されたような居心地はCLSの大きな特徴だ
CLSの着座位置は高く感じられるが、雰囲気はいい。
操縦性に優れるパナメーラだが、ウェールズの曲がりくねった道ではボディの重さを意識させられる。
幅広く重いパナメーラだが、ドライバーズカーとしてはこちらだ。
CLSのハンドリングは優れてはいるが活発な感じは薄く、楽しさよりも満足感の方がおおきい。
パナメーラの存在感には、テスターたちの目もくぎ付けだ。
正面にはタコメーター、洗練されたデジタル操作系。インテリアの機能面ではパナメーラの勝ちだ。
パナメーラのホイールは2.2トンの重量を支えている
電動化をより進めたパナメーラ
対するパナメーラは462psに71.4kg-mだ
CLSの乗り心地は、今回の19インチ版のほうが良い。

この画像の記事を読む

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ