メルセデス・ベンツC200 2018年型に試乗 1.5ℓ×48VのMHVかディーゼルか

2018.08.08


質感は高いが、気になる部分も

車内の雰囲気はプレミアムに相応しく、装備もBMW3シリーズより遥かに優位。しかし、アウディA4と比較すると、素材の質感では劣っていることも確か。ステアリングホイールを飾る数多くのボタン類も、視覚的にうるさく思える。

デュアルスクリーンを搭載したMBUXと呼ばれる新しいインフォテインメントシステムは、今やSクラスやEクラスだけでなく、ハッチバックのAクラスにも搭載されているのだが、Cクラスには搭載されておらず、やや時代遅れに見える。

その代りなのか、インスツルメントパネルに収まる計器類はデジタルモニターに置き換えられている。しかし、タッチパッドとロータリーダイヤルの操作感は、優れているとはいいにくい。

今回のテスト車両には4輪駆動システムの4マティックが搭載されていたが、後輪駆動の標準仕様から1600ポンド(23万円)高のオプション。ステアリングホイールに伝わる感覚は少なく、操作感は軽いものの、正確ではある。

スポーツサスペンションは標準仕様と比較すれば硬い乗り心地ではあるが、表面が剥がれてしまったような荒れた路面でも、上質にいなしてくれる。ただし、高速道路を利用した長距離ドライブなら、オプションのエアサスペンションの方がベストチョイスといえるだろう。

 
最新試乗記

人気記事