BMW M2コンペティション 初試乗 2018年ベスト・ドライバーズカー有力候補

2018.08.03

100字サマリー

標準のM2に置き換わって登場したM2コンペティションは、限界領域でのハンドリングを向上させ、一層のパワーも獲得しました。価格上昇を伴う仕上がりだけでなく、ライバルモデルとのポジショニングはどう変化したのか、スペインの道で試乗しました。

もくじ

どんなクルマ?
こんなのはじめて
走りを磨くアップデート
どんな感じ?
嘘偽りなく驚異的なパフォーマンス
速度域を問わず極上の身のこなし
FRの醍醐味をサーキットで
「買い」か?
ベスト・ドライバーズカー有力候補
スペック
BMW M2コンペティションのスペック

どんなクルマ?

こんなのはじめて

今までこんな試乗レポートを書いたことはなかったと思う。このクルマは本物だ。

BMW Mディビジョンが生み出すクルマには、明確なヒエラルキーが存在している。CSモデルがトップに位置し、その下に今回のクルマも該当するコンペティションモデル、さらにその下にハイパフォーマンスモデルとして通常のM2やM3。そして、M235iなどのMパフォーマンスが控えている。

そして今回のM2コンペティション。M4やM5に追加されたコンペティションとは異なり、純粋に標準のM2と置き換えられるポジションとなる。CSやコンペティションを冠するモデルがここまで増えてくると、ひょっとするとBMW自らも一度リセットし、さらに多くの種類のMを販売したいと考えているのかもしれない。

M2コンペティションを実際に触れるのは今回が初めて。BMWによれば、価格は標準のM2よりも3000ポンド(43万円)上乗せとなるものの、パッケージの内容としては充分魅力的に思える。それに値上がりしたとはいえ、価格は依然として5万ポンド(730万円)は下回っている。

M2コンペティションには、基本的にM3やM4と同じエンジンが、フロントに搭載されている。つまり、2016年にM2が登場した当時のシングルターボではなく、ツインターボユニット。M3やM4が431psを発生させるのに対し、M2では若干デチューンされ、最高出力は409psとなる。最大トルクは55.8kg-mと不足はない。

 
最新試乗記