[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ドライバーズカー選手権2018(1) ノミネート10台 審査員を紹介

2018.11.23


2018年のテストドライバー

まずは今年の英国ベスト・ドライバーズカーを選出する、テスター5名をご紹介しよう。

マット・バード

英国の自動車メディア、ピストンヘッドでロードテスターを努めている。かつてのAUTOCARのテスター、ニック・カケットとも一緒に働いていたこともあるが、比較や表現はよりわかりやすい。

アンドリュー・フランケル

1990年から、英国ベスト・ドライバーズカーの選出に毎回参加しているが、今でも初めて参加したときのように興奮すると話す。ドライバーズカーに関しての理解度は、誰よりも高い。

マット・プライヤー

20年以上、AUTOCARを中心にモータージャーナリストを努め、その仕事の奥深さをよく理解している。ハンサムでスタイリッシュなのが特徴。このキャプションを書いているのはわたし。

ダン・プロッサー

去年の英国ベスト・ドライバーズカーの選出では、寒い11月の英国北部の雨天時に、かなりの時間を屋根のないクルマで過ごすことになってしまった。しかし、笑顔でクルマから降りてきたときは、安心した。

マット・ソーンダース

AUTOCARの編集者。すべてをまとめ上げ、最終的な決定を下す仕事をしている。つまり、読者が納得できないようなクルマの評価を決めているのも、彼だといえる。

ちなみに採点方法は、ひとり50点満点で、この5名のテスターの点数を合わせて250点が満点となる。それぞれ一般道とサーキットでの走りを25点づつで評価し、最もファン・トゥ・ドライブなクルマを導き出していく。

 
最新試乗記