[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

中古のアウディR8 vs 新車のゴルフR 比較テスト 高級クォーツと機械式クロノ

2018.12.15

驚きのR8 もはや絶滅危惧種

右足をそれほど踏みこまないうちから、R8はわたしを打ちのめしてきた。不快なしぐさなどいっさい見せず、なるほど、以降のスーパーカーが右へ倣えしてきたのもうなづける。

発進させるのもエンジンの力、それも不朽の栄誉といえる、現行R8にもうけつがれる自然吸気の力だ。だが、滑らかさにかけては白眉といえるクロスプレーンV8エンジンも、もはや絶滅危惧種だ。

お次はギアボックスだが、これもただマニュアルなだけではない。操作感はもちろん、往時のフェラーリやランボルギーニのように露出したゲートも最高で、すばやいシフトがじつに楽しい。

とはいえ、いちばん目を丸くしたのはじつはサスペンションだった。R8の路面のいなし方がいかに巧みだったか、わたしも忘れてしまっていた。驚くべきことに、乗り心地は現代のスーパーカーはおろか、ゴルフすらはるかに上まわる。

路面の起伏に応じてボディもそれなりに上下はするが、突起で浮き上がったりくぼみで突き上げられることもない。あきらかにサーキットではなく公道指向のシャシー設定で、それはR8が年々強めている性格でもある。


それはともかく乗って楽しいのかという質問には、もちろんと答えられる。パウエルも最近スラクストン・サーキットで1日走りまわって楽しんできたそうだが、そのとおり自由自在に振り回せるのだ。

操縦性は寛大でバランスがとれているし、たんにコースをなぞるだけでも味わえる油圧式パワーステアリングの感触は、それ自体喜びといえるものだ。

おまけに、速さも現行モデルには多少ひけをとってもじゅうぶんだし、この芳醇なエンジンを8250rpmのリミット近くまで引っぱればなおさらだ。6000rpmをこえると雄たけびとしかいえない音も聴かせてくれる。

 
最新試乗記