[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

中古のアウディR8 vs 新車のゴルフR 比較テスト 高級クォーツと機械式クロノ

2018.12.15

番外編2:中古R8バイヤーズガイド

「R8の初期型はいまが買い時」とみるのは、ハロゲイトにある高性能アウディ車専門店、レッドライン・スペシャリスト・カーズのジョナソン・パーカーだ。

「いまは3万7000~8000ポンド(535~549万円)あたりの値段でも、とてもいいのが見つかります。ただ、Rトロニックはおすすめしませんね。クラッチの減りが速いのは気にしないひともいるかもしれませんが、シフトのたびにアクセルから足を離さないとスムーズにいかないですから、マニュアルのほうが無難です」


新車時は高額オプションだったRトロニックのクルマは売れにくくなるとみられ、それは買取価格の低下にもあらわれる。ほかの点については、距離をかさねたクルマでも悲惨な話を聞いたことはないという。

とはいえ、基本部分がアルミ製でも完全にサビと無縁なわけではないので、飛び石などの放置、またはいい加減な修理によるボンネット先端の腐食には注意しよう。

また、大きなリアガラスはエンジンがよく見えて結構なのだが、青空駐車では内側に生じた結露がエンジンに滴り、見えない場所で腐食をおこすことがある。

 
最新試乗記