試乗 新型BMW Z4 sドライブ20iスポーツ ハンドリングは要改善

2019.03.21

「買い」か?

Mスポーツに期待

この国際発表会では、われわれに割り当てられた試乗車はおそらく多くのひとが選ばないであろうグレードであった。

事実、BMWの想定ではZ4の中でsドライブ20iがベストセラーとなるものの、80%の顧客が今回試乗したスポーツではなくMスポーツを選択するとのことだ。そのうちの大半はよりアグレッシブなスタイリングを目当てに追加の1770ポンド(26万円)を支払うのだろうが、それに付属するよりハードなサスペンションがハンドリング向上に貢献する可能性が高い。

今後行われる英国の公道でのテストによりそれが確認されるだろう。しかし、現時点ではTTよりも運転して楽しく、718ボクスターよりも快適なクルーザーであると考えている。

最後になるが、このZ4のエントリーグレードは改善の余地は多数あるものの、オールラウンダー性と十分なダイナミクスを両立していると結論づけたい。

BMW Z4 sドライブ20i スポーツのスペック

価格 3万6990ポンド(538万円)
全長×全幅×全高
最高速度 240km/h
0-97km/h加速 6.6秒
燃費 13.7km/ℓ
CO2排出量 138g/km
乾燥重量 1405kg
パワートレイン 直列4気筒1998ccターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 197ps/4500-6500rpm
最大トルク 32.6kg-m/1450-4200rpm
ギアボックス 8速AT

 
最新試乗記