マイナーチェンジ アウディQ7 50 TDIに試乗 V6ディーゼル 内装・装備を刷新

2019.09.09

穏やかに静けさと快適さにひたる

スロットルを踏み込む量が不十分だと想像以上に加速してくれず、流れの早いランナバウト(ロータリー交差点)への合流などを考えると、歓迎できる設定ではない。だがしっかりペダルを踏み込めば、充分に素早くキックダウンしてくれ、不足のない加速は得られる。

乗り心地は充分に甘美で、マイナーチェンジ前同様に充足感にあふれている。路面の細かなうねりをしっかりと吸収し滑らかに通過してくれるし、路面の剥がれなど細かい凹凸も、車内にいる限り遠くの存在でしかない。ドライビングモードをダイナミックにすると、ボディコントロールが引き締まるかわりにソリッド感が高まるが、かといって不快に感じることはないだろう。

アウディQ7 50 TDI
アウディQ7 50 TDI

だとしてもQ7は積極的なペースで運転を楽しむ性格を持ったクルマではない。ダイナミックモードを選択する機会は限られるのではないだろうか。トラクションに不足はないものの、ステアリングフィールは淡白で、コーナリング中はボディサイズや車重を実感する。Q7はあくまでも穏やかに静けさと快適さを、ドライバーも楽しむクルマなのだ。

エアサスペンションが標準装備となるが、同時にガソリンエンジンを搭載した55 TFSIに、より引き締まったスポーツサスペンションの組み合わせも確かめることができた。こちらは340psと50.9kg-mというガソリンエンジンが搭載され、大柄なボディを力強く、滑らかなマナーで引っ張る。パフォーマンスに不満を覚えることはないだろう。

だがこのクラスのSUVを選ぶなら、最適なのはディーゼルエンジンの方だと思う。アウディはまだWLTP燃費を公表していないが、優れたトルクと燃費との組み合わせの訴求力は高いはず。

 
最新試乗記