[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

新型アウディRS6アバント欧州発表 V8ツインターボ+マイルドハイブリッド

2019.08.21

100字サマリー

アウディが、高性能ワゴン「新型RS6アバント」を欧州で発表しました。V8ツインターボにマイルドHVを組み合わせた新型。599psを発揮し、0-100km/hを3.6秒で走り切ります。

もくじ

最高出力599psの高性能ワゴン
静止状態から100km/hまで3.6秒

最高出力599psの高性能ワゴン

独アウディのスポーツカー・ブランド、アウディ・スポーツが、新型ワゴンモデル「アウディRS6アバント」を欧州で発表した。アウディA6アバント・シリーズの高性能バージョンの登場である。

4代目となる新型RS6アバントは、V8ツインターボとマイルドハイブリッド技術の組み合わせにより、最高出力599psを発揮する。

「新型アウディRS6アバント(欧州仕様)」
「新型アウディRS6アバント(欧州仕様)」

AUTOCARがプロトタイプ車両の撮影に成功しているRSQ3、RSQ8とともに、年内にアウディ・スポーツが発表を予定している新型車6モデルのうちの1台ということになる。

標準モデルとなるアウディA6アバントと供用するボディパネルは、実はフロントドア、ルーフ、バックドアだけだという。それ以外のパネルはRS専用となっているほか、フロントバンパーをスーパーカーであるアウディR8にヒントを得た意匠にするなど、力強いデザインが印象的だ。車幅はA6アバントに比べて80mmも広く、車高は20mm低められているうえ、120km/h以上で走行しているときにはさらに10mm低くなる。

内装については、RS専用のアルミ製シフトパドルを搭載したレザー・スポーツ・ステアリングを採用。シートはレザー/アルカンターラ仕立てのスポーツシートとなっている。また荷室容量は定員乗車時でも565Lを確保。40:20:40の分割可倒式リアシートを倒せば、最大で1680Lまで拡大できる。

新型RS6アバントのエンジンは、排気量4.0LのツインターボTFSIガソリン・ユニット。これに48Vのマイルドハイブリッド・システムを搭載したことが特徴。このドライブトレインにより最高出力は599psに達し、最大トルクは81.6kg-mを発揮する。

 
最新海外ニュース