【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

【マカン・ターボやX3 M40iへ挑む】アウディRS Q3へ試乗 399psの5気筒ターボ

2019.12.15

100字サマリー

2代目となるアウディ製のコンパクト・パフォーマスンスSUV。よりアグレッシブなデザインに見合う、400psのパワーも獲得しています。競争の激しいカテゴリーに挑む最新モデルを、英国の道で評価しました。

もくじ

挑むはマカン・ターボやX3 M40i
TT RSと同じ5気筒ターボは400ps
ドライビングモードに変更可能なRSを追加
ルックスの良さか、わずかに上の実用性か
アウディRS Q3フォーシュプルングのスペック

挑むはマカン・ターボやX3 M40i

text:Tom Morgan(トム・モーガン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
2代目となるアウディRS Q3。ベースとなるQ3とは大きく異るデザインで、ライバルひしめくカテゴリーに挑む。初代が2013年に登場した際も、アグレッシブなルックスで好スタートを切っている。初代RS Q3は、アウディ・クワトロ社として手掛けた初めてのSUVでもあった。

SQ2は、ホットハッチの車高の高い代替案として一定の支持を得ている。今回のアウディRS Q3とRS Q3スポーツバックは、ポルシェ・マカン・ターボやBMW X3 M40i、間もなく登場するメルセデスAMG GLA45との戦いに挑む。

アウディRS Q3フォーシュプルング
アウディRS Q3フォーシュプルング

アウディは、従来的なボディタイプの人気は下降気味であると予想。RS Q3スポーツバックの方が、RS Q3より高い支持を得るとしている。

スポーツバックの方がなだらかなルールラインを持つため、リアシートや荷室容量に多少の影響を与えているが、基本的な構成に変わりはない。リアシートを生かした状態での荷室は、同等の容量を確保してある。

車高は標準のQ3より10mm低く、20インチのアルミホイールを装着する。アウディ・スポーツ・エディションのフォーシュプルング・グレードの場合、21インチにサイズアップ。本気のRSモデルであることを示す、極太2本出しのマフラーも2代目では採用された。初代は1本出しだったのだ。

 
最新試乗記