【V8ツインターボ獲得】ポルシェ・カイエンGTSクーペに試乗 大型SUVのベスト

2020.07.07

サマリー

華やかなサウンドを奏でるV8ツインターボ・エンジンを搭載した、最新のカイエンGTS。車重の軽くはない大型SUVですが、スポーティさでいえばクラスではベスト。英国編集部が、クーペを一般道で評価しました。

もくじ

460psのV8ツインターボエンジンを獲得
広々とした前席に、上質なインテリア
ドライビング体験はクラスでベスト
ポルシェ・カイエンGTSクーペ(英国仕様)のスペック

460psのV8ツインターボエンジンを獲得

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
最新のポルシェ・カイエンGTSクーペ。4シーターか5シーターが選べる、車重が2145kgもあるSUVクーペだ。欲しいと思うかどうかは、人それぞれ。わたしが判断することではない。

驚く性能を備えている。しかし、燃費は8.8km/Lに留まる。ボディは5ドアのクーペに拘る必要はない。通常のSUVらしい、四角いボディスタイルも選べる。

ポルシェ・カイエンGTSクーペ(英国仕様)
ポルシェ・カイエンGTSクーペ(英国仕様)

ポルシェの流儀に従って、GTSは通常のカイエンとカイエン・ターボの間に位置するモデルグレード。通常のカイエンより、スポーティであることを示している。

位置の高いボンネットに収まるのは、4.0LのV8ツインターボ・ガソリンエンジン。従来までGTSに搭載されていたのはV6エンジンだったから、サウンド面でも楽しみたいドライバーには朗報だろう。

最高出力は460ps/6000-6500rpmで、最大トルクは63.0kg-m/1800rpm-4500rpm。とてもパワーバンドが広い。

トランスミッションは8速ATで、四輪駆動。トルクベクタリング機能と、電子制御のアクティブ・リアデファレンシャルも備わる。大きなSUVだからこそ、走りには有効だ。

多くの場合、GTSというグレードは英国編集部から高い支持を集めることが多い。運動性能が程よく高められている、という理由で。カイエンの場合はどうだろう。

英国でのカイエンGTSクーペの価格は、8万8750ポンド(1171万円)から。ポルシェらしくオプションもふんだん。実際には、簡単に10万ポンド(1320万円)は越えてしまうだろう。

 
最新試乗記

人気記事